Tea room 美味しいお蕎麦を食べる  

今年も地元の熱心なモデラーの皆さんがそれぞれクラブの本拠地で作品展の開催が準備されています。
作品展で素晴らしい作品を拝見するのも楽しみですが、その地域の美味しい食べ物と出会うのも楽しみのひとつです。

いつも食べる話がをして申し訳ありませんが、今日は私の地元、福岡市の小さな蕎麦屋さんをご紹介しましょう。
グルメ雑誌や地域コミュニティ誌などでよく美味しいお店が紹介されますが、
食べ物に関しては執着心が強いほうで、近場であればできるだけ試食に行くようにしています。
特に昼食は、ほぼ毎日外食ですから結構いろんなお店に行って旨いとか、不味いとか好き勝手なことを言っています。
しかし食通でもありませんし、決して食道楽でもありません。
ごく普通の食事の美味しさは、多少でも判別が付くようになりました。何のことでもありません。
人間を永くやっていると、食べた回数の経験と少しだけ旺盛な好奇心からの産物だと思います。
蕎麦の話を書きますと、またもや薀蓄話でうんざりされるでしょう。ですからほんのさわりだけをチョット。


蕎麦のポイントは「香り」「つけ汁」「のど越し」の三点とも言われます。
勿論、先ず絶対条件の美味しい蕎麦が打てること、いいお醤油を発見することが前提になります。
元々お蕎麦は庶民のファーストフードです。最近、何か勘違いをしているお店も多くて、プライド高く、
価格も高く、敷居もまた高い変なお店が多くなりました。そして思わず「金返せ」と言いたくなる料理を出すお店、
鰻重よりも高い「ざる蕎麦」、こんなもの旨くて当たり前の話で、私は美味しいという評価はしていません。
ご紹介するお店は開店してから半年です。お昼に提供している「お昼の蕎麦定食」は最近の昼食のなかではピカ一です。
組み合わされた小料理の全てが旨いから憎い限りです。そして価格は下の写真のように二つのお膳で980円です。






 場所 福岡市城南区城南区鳥飼6−8−2 そば「扇やま」 092−847−0200


       


















i
                                        トップページにもどる