Owner Gallery SUZUKI RT66 1966年 (日本)
実車諸元 水冷2気筒 排気量125cc 32ps 13800rpm  8speed
スズキ125クラスは1960年からマン島TTを最初にGPレースに参戦しました。
エンジンは空冷・水冷・空冷そしてまた水冷とめぐるましく変遷して2ストロークの技術開発と実験そして熟成を125ccに集約していたという社内の声もあつたようです。
参戦当初はエンジンはもとより車体も含めて走ってみないと判らないような戦績が続きました。

しかし64年以降次第に安定した戦闘力を発揮するようになり、世界一の2スト技術とホンダ4ストロークに勝つ事を目標にした企業の努力が開花した結果といえるのでしょう。
資料不足でほぼキットそのままで15年くらい前に作りました。



実車のフロートは長いネジとナットで上下させて調整していました。

キットの発売時期はよく覚えていませんが、少ないパーツ構成で組み立てやすいモデルでした。
RT66は資料も少なくて、私個人の好みですがRT65のほうがスズキらしさがみえて好きなのです。
このキットが入手できればRT65にスクラッチで挑戦したいと思っています。
OwnerGalleryにもどる