Owuer Gallery GILERA 500 four 1957 (伊)
実車諸元  空冷4気筒 排気量500cc 70ps 10400rpm 7speed



ジレラ社は1909年ミラノ市に創立されたイタリアでは一番歴史のある二輪メーカーです。
GPレースにも熱心に参入し1948年から9年間の間に6回の世界選手権を獲得。500cc級の王者として君臨しました。
とくに1957年ボブ・マッキンタイアがマン島TTレースで史上最初の平均時速100マイルの壁を突破しました。ライダー・ボブの貢献も大きいのですが、イタリア車では考えられないほどの卓越したハンドリングとアンダーパワーであっても、信頼度の高いエンジン性能が大きな要因であったことは言うまでもありません。

  








前傾4気筒DOHCのエンジンを現代の水準で見ると日本の市販車と変わらないようなシンプルな構成です。
プロターの発売当初の商品でハードBOX入りのキットでした。
若干シート・フェールタンクが幅広でしょうか、ポッチャリした感じです。
MV500同様に造りやすいキットで手を加えずそのままの製作です。
排気管のエキゾースト側はメッキされたものとブラック仕様がありますが黒を採用しました。
ギャラリーにもどる