1、基礎的なストロークができていない。

基本的なスティックワーク。
これがちゃんとできていないと話になりません。
基礎編のほうでも解説していますが、
もういちど復習するつもりで、見直していきましょう。

基礎編から、スティックワークのまとめを抜粋

1、スティックの握り方は、主にマッチドグリップとレギュラーグリップがあり、
特にドラマニで使うのは、マッチドグリップのほうである。

2、マッチドグリップは、親指と人差し指で挟み込むように持ち、
他の指はスティックに軽く添える

3、ショットの際は、決して腕の力だけで叩こうとせず、
手首のスナップや指のコントロールを使って、ムチをしならせるような感触で叩く。

4、また、ショットする時は、必ず上から叩き降ろすこと意識して、
パッドの真ん中に、スティックの先があたるように叩く。

もう少し詳しく説明すると、
腕の力で叩かない以上、腕自体の動きは必要最小限になるはずです。
腕をあまり上下に大きく動かすと、余計な力が入ってしまいます。
ポップン等をやっている方は、今までのボタンを叩くという意識を忘れて下さい。
手で叩くのではなく、スティックの先端のチップで叩くのです。
手首の位置は、必ず常にパッドの上にあること、
そして、大きく動かさずに、手首のスナップと指先のコントロールでスティックを振る。

まず、これが基本中の基本です。

もう少し踏み込むと、連打の場合

スネア、タムはやや振りを大きめに、されどパッド自体の生音がしない程度に叩く。
ちゃんと、先端(チップ)が上からパッドの中央部に当たっていれば、
そもそもパッド自体の生音はほとんどしないはずなので、
それさえ守れていれば、多少大きく振っても大丈夫です。

ハイハットは、叩くというよりも「刻む」という意識をもって、
大きく振らずに、細かく叩いていくのがベストです。
シンバルがライドシンバルの役割を果たしている時等も、同様です。

>>next

<<back