「連打について考えてみる2」

初級者にとって、最初に当たる大きな壁、ACROSS THE NIGHTMARE。
連打の基礎が理解できたら、もう怖くはありません。
脱初心者を目指して、この曲の攻略を開始しましょう。

オープニングの部分です。
いきなり、連打がきちんとできるかどうかが試されます。ここで躓きたくないですね。
少し手順についても考えてみましょう。
最初は、右手から入ったほうがいいのか、左手から入ったほうがいいのか。

一番最初がバスというのが、ちとややこしいですね。
スネアが裏拍からはじまっています。
連打はとにかく右から入るほうがやりやすい、という方は、右手から入っても結構問題なく叩けるでしょう。
リズムを結構意識しちゃう人、連打のときは右が常に表にないと狂っちゃうという方は、左手から入ってみましょう。
左から入った方は、最後のスネアを右で叩くことになります。この最後はポーンとやや大きく跳ね上げる感じで叩くと、ハイタムへの移動がスムーズにいくでしょう。
もっとも左から入るひとに限ったことではありませんが。
いずれにしても、最後が押さえつけるようになってしまってはいけません。

この後から続く、スネア⇒シンバル+バスのパターンは、メロディに合わせて叩いていけばうまくいきます。
スネアは2分づつで一定なので、リズムが崩れてきたら、スネアをきちっと合わせるようにするとよいでしょう。

メロディの節目に入るフィルです。2度登場します。
連打をしながらの移動、というのがでてきます。これが苦手な方、結構いらっしゃるのではないでしょうか。

ここでの課題は、ロータム4連打を両手交互にできるようになること。
ハイタムまでは、左手がもっていけるけど、ロータムになると、どうしても無理な体勢になってしまい、結局右手4連打で叩いていた。という経験がある方も多いと思います。

左手で、ロータムをうまく叩くためには、腕だけ持っていっても、苦しい叩き方になってしまいます。
体全体がロータム側に向くようにして叩きましょう。画面ばかりに集中していると体が正面を向いたままになってしまいます。
少しだけでも、パッドのほうに注意を向ける努力をしましょう。

少し手順についても考えていきましょう。
上の部分ですが、まずはフィルの部分、
リズム的には、4分で同じリズム、シンバルから、1,2,3,4,1,2,3,4と頭の中で数えながら叩けば崩れにくくなるでしょう。
手順は、いろいろ考えられるのですが、
今の段階では、シンバルから順に、右・左・右・右・左・右・右・左
とゾーンで割り切って叩くのが無難かもしれません。
余裕があれば、ハイタムを左手で叩く手順でやってみましょう。

その後のスネア・ハイハット交互。
クロスでやっている方は、何の問題もなく交互で越せますが、
この段階では、まだオープンでやってらっしゃる方が大多数かと思われます。
オープンの場合は、スネアとシンバルの移動を右手で素早く行わなければなりません。
フィル後のシンバルを叩くとき、やや跳ね上げるような感じで叩きましょう、そうすれば、次のスネアへの移動がスムーズにいきます。
その後の、スネア⇒シンバルへの移動も同じです。
スネアで「ポーン」とスティックを跳ね上げた後、そのまま流れるようにシンバルを叩いて、また、そのまま跳ね上げて流れるようにスネアへ戻ります。

中盤続くパターンです。連打というテーマとは関係ありませんが、ちょっと複雑なリズムなので紹介。
1小節の中に3つ叩くパターン
4拍3連符になります。
複雑なリズムになりますが、メロディーと同じリズムになるので、曲をよく聴きながら叩くとうまくいきます。
リズムが崩れてきた場合は、小節の頭、濃い白線にあわせて、3つずつを意識しながら叩いていってみてください。

最後の長い連打です。
右から入って、右で終わるのが理想。
4×6+1と、16分の連打の場合は、「4」を常に意識するようにしましょう。

また、譜面が詰まってくると、混乱して力が入ってしまったり、リズムが走りがちになってしまう可能性があるので、このあたりのレベルから、少しシーケンススピードを上げてみるのも一つの手だと思います。


連打の部分がうまくできるようになれば、ベーシック難易度であれば、接続も夢ではありません。
また、この速さの連打が安定してできるようになれば、ほとんどの曲の簡単な連打は安定して繋がるようになってくると思います。
できる曲のレパートリーが格段に増えることになるでしょう。