「譜面の見方を考えてみる2・音符、ビートを覚えよう」

今回は、ちょっとだけ音楽的なことにつっこんでいきたいと思います。

ドラムの主な役割として、曲のリズムをリードする、というものがあります。
ドラムをプレイすることにおいて、正確なリズムを刻む、というのは大きな仕事の一つです。
ドラマニも例外ではありません。
ただ、流れてくるチップを追いかけるのではなく、ちゃんとしたリズムを把握できるようになりましょう。

で、音符について。
4分音符とか、8分音符とか、4分の4拍子とか。
みなさんおそらく一度は勉強した覚えがあるはず。

ちょっとおさらいのつもりで聞いてください。

まず4分音符とは何か?

簡単に言えば、1小節内に4つ叩くリズムです。

例えば、1小節の長さが2秒ぐらいであれば、0.5秒毎に刻まれるリズムのことです。

これが倍の早さになると、8分音符、つまり1小節に8回リズムを刻むわけです。

さらに倍で16分音符。32分音符・・・となtっていきます。

逆に、速さが半分になると、2分音符、全音符、となっていきます。

では、拍子とはなにか。

これは、その曲の主体となるリズムの刻み方・音楽の拍子を表します。

例えば、4分の4拍子、とあれば、4分音符を1拍として、1小節内に4分音符が4つ存在するリズムをいいます。

つまり、「タンタンタンタン」と、4つずつ数えるリズムのことです。

これが4分の3拍子になれば、1小節内に4分が3つ、つまり「タンタンタン」といった3拍子のリズムになります。

いわゆる「チャー・シュー・メン」です
リズムを考えるのであれば、「タン・タン・メン」のほうがいかもしれません。

「みのもんた」も3拍子ですね(笑)

ちょっとずつ思い出してきましたか?

では、8分の6拍子、はどんなリズムでしょうか?

8分音符を1拍として、これが1小節内に6つあるリズムですね。

つまり「タカタタカタ」で1小節となります。

「ますだおかだ」とか「スズキムネヲ」とか数えていくとわかり易いです。


小学校で習うようなことですが、これを理解しているのとしていないのでは、譜面の理解度に大きな差がでます。

下は、桜の時に出てくるリズムです。

この、一番左の青のチップ。すなわちハイハットのシーケンスですね。
では、これは何分のリズムになっているでしょうか?

前回のコラムで、太く白い横線が1小節ごとの区切り線。薄く細い灰色の横線が、拍ごとの区切り線。ということをお伝えしたと思います。
1小節内、つまり太い白線で挟まれた中あるチップの数を数えてください。
一番したの白線が、小節の始め、で一番上の白線が、次の小節の始めです。

青のチップが、等間隔に4つあるのが分かると思います。
つまり、このチップは、「4分音符である」ということです。

また、このチップが、丁度拍ごとの区切り線に重なっています。チップの間には、他の拍線はありませんよね?
ということは、この曲の拍子は4分毎であることが分かると思います。

これで、この曲が4分の4拍子であることが分かると思います。

一部例外になる曲も、今後出てきますが。
ほとんどの曲は、こういった考え方をします。

ここでは、この4分のリズム。音にすると、
「チ・チ・タ・チ・チ・チ・タ・チ」というリズムが続きます。

この時の「チ」にあたる、リズムを刻むのを、特にビート
「タ」にあたる、リズムにメリハリをつける部分、ここでは、スネアの部分を、特にアクセント、といった言い方をします。

また、特に、このようなリズムのパターンを4ビートのフレーズ・曲、といった言い方をする場合があります。
これは、曲自体もしくは、曲の一部で、4分のリズムを感じることができる曲。という意味です。

この曲では、序盤↓のようなフレーズも出てきますが

音符的には、2分ですが、リズムとしては4分で考えていった方が把握しやすいと思います。

つまり、ここでは、「ウンタンウンタン」というリズムを考えながら叩いていくと、リズムが掴みやすいと思います。

それこそ、「ワンタン・ワンタン」とか、「ノンタン・ノンタン」 「ぴょこたんぴょこたん」と口ずさみながらでもいいです。
周りから、変な目で見られても知りませんが・・・

「正論タンハァハァ」とかだと、おもいっきしリズムが狂うので、オススメできない。

この「ウン」の部分にバスを入れると、曲の後半、こういったフレーズが浮かんできます。

シーケンス自体は、ハイハットがシンバルになっていたりして違うものですが、
考え方はやはり「ウンタンウンタン」といったリズムで考えていけばOKです。

桜の時は、他にも微妙なフレーズが存在しますが、これは曲のメロディに合わせて叩いてみてください。
今は、分からなくても、後々、「あ〜これは、そういうリズムなのか」と理解できるようになります。

まずは、この基本のリズム感を身につけていってください。

4ビートに慣れたら、ちょっと背伸びして、ひとつ上のリズムに挑戦してみましょうか

>次へ

*「桜の時」は、8thmix現在、曲目が削除され、ゲーム中に存在しません。ご注意ください。


>戻る