「椅子について考えてみる」

今回のテーマは「椅子」

伊豆でも畏怖でもなく椅子です。

もちろん”いすゞ”でもありません(しつこい)

どのドラマニにも、必ず設置してある椅子。

今回は、この椅子について考えてみましょう。

 まずは、椅子の座り方。

まず、椅子には、ほどよく、やや浅めに座る。
椅子の前半分に、軽く腰掛ける感じがベスト。

次に、背筋を伸ばすこと。前かがみになったり、反り返りすぎてはダメ。
固くならずに、自然に背筋が伸びている形が良い。

肘は、力まずに、軽く脇を締める感じで。張ってしまってはダメ。

あと、図ではわからないが(笑)足は、軽く開く形が望ましいでしょう。
個人差があると思いますが、私の場合は、左足がだいたいHHの下あたりにもってくるような感じ。

椅子の高さとしては、やや高めに調節するとよいかと。

 *↓悪い例。

浅すぎ。
前にかがみすぎ。
深すぎ。 それは低いやろ〜 かといって
それは高すぎや。
椅子がでかすぎる 透明人間になっている 椅子すらない。 椅子というより
み●もんた

 たかが椅子の座り方!と思うでしょうが、正しい座り方をするだけで、叩きやすさに大きな差が出ます。

ただ、正しく座っていても、プレイ中に姿勢が悪くなっていってしまっては、なんにもなりません。
プレイの際は、できるだけリラックスして、上の座り方を維持できるようにしておきましょう。

さて、椅子もお店によってはいろいろなものが置いてあったりします。

付属のものから、スロット用に置いてあるような簡単な丸イス。ギター側に付属している(?)高めのイス、事務用の高さ調整ができるイスや、なぜか社長イスまで。

環境が変わっていても、基本的には付属のイスと同じ考え方でいいと思います。

ただ、高さ調整できないイスで、極端に低いものは、ちょっとツライですね。

できるだけ付属のイスがある店でプレイするのが無難かと。

余談ですが、付属のイスには新しいタイプとふるいタイプの2種類あって、新しいほうのタイプは、イスをぐるぐる回すことで高さ調節するものです。
こっちの新しい方であれば、プレイ中に突然イスがストン!と落ちることはないです。

プレイ中に突然ストン!・・・
私も何度か経験ありますが、あれはもうなんちゅうか恥ずかしすぎますな。


>戻る