2/29 リンクフリーの原則

このサイトはリンクフリーです。
特に事前の連絡なく、ご自由にリンクをされてください。
リンクの際は、トップページhttp://www.fcv.ne.jp/~akiradd/
もしくはhttp://www.fcv.ne.jp/~akiradd/pctop.htm(PC用TOP)
http://www.fcv.ne.jp/~akiradd/mtop.htm(モバイル用TOP)
に張っていただけると幸いです。
尚、相互リンクに関しましては、現在受付しておりません。
こちらのアクセスコーナーに掲載させていただく場合には、
こちらから事前に掲載する旨の許可をいただくため、ご連絡させていただきます。

今回のテーマは、このリンクに関してです。

少し前のギタドラのオフィシャルサイト、確かDM7GF8の時のものだったと思いますが、
そこのQ&Aのコーナー、第1回に
ファンサイトから公式サイトへのリンクをお断りする、という旨の記述がありました。

ネット上には、リンクは常にフリーであるべきだ、という考え方があります。

その理由として

等といったことが挙げられています。

*著作権上の問題

普通リンクといえば、<a>タグを使ったハイパーリンクを指します。
<image>タグを使ったものもリンクとして考えられますが、
これはWWW上にあるイメージファイルを表示するものであり
(俗に直リンクすること、と呼ばれます)
他者の著作物であるイメージファイルを自HP上で扱う場合は、著作者の許可が必要です。
ここでは、<a>タグによるURLアドレスの参照をリンクとして考えますが、
この場合、URL情報を個人の著作物として認めるかどうかが問題となります。
著作権各法律上では、特に記載はなく、
URLアドレス自体は個人の著作物ではない、
と考えるのが一般的なようです。

一方で、リンクには、張られる側の意思を無視することは、
ネット上のマナーに反するという意見もあります。

インターネットは現在では広く普及し、多数の人が利用しています。
この中には、善意の人間ばかりがインターネットに接続しているとは言えません。
悪意や無責任の元にリンクを張ることも大いに考えられるわけです。

インターネットが軍事や、大学の研究から、現在のような一般で利用されるようになったことで、
リンクフリーの原則も変わろうとしています。

いずれの考え方も、一理あるわけですが、

例えば、個人のHPとして考えた場合、
内容や、サイトの規模にもよると思うのですが、
どちらかといえば、ネット上のマナーのほうが優先されると思います。
悪意の元によからぬ場所からリンクされた場合、
個人では対処しきれないほどの運営妨害に合う可能性も否定できません。
掲示板等を運営しているサイトなどでは、俗に言う荒らしの被害に合うこともあります。
個人のメールアドレスを公開している場合は、嫌がらせのメールがくる可能性もあるでしょう。
そういった行為も、リンクフリーの原則に基づくものだから仕方がない、
で片付けられるには、かなり無茶苦茶な気がします。

上記のようなケースは、極めて稀であるとは思われますが、
やはりネット上のマナーを考えると、
なんでもかんでも許可なく勝手にリンクを張ってしまうのは、どうかと思います。

サイト上に表記されるリンクフリー、という記述に関してですが、いくつかのパターンが考えられます。

ただリンクフリー、と記述してある場合。
これは、自由にリンクを張っていい、という意思表示であると考えられます。

リンクフリーだが、事前に連絡していただけると幸い、と記述してある場合。
リンクフリーなので、自由にリンクを張っていい、という意思表示であると考えられますが、
誰がリンクを張っているのか把握したい、という管理者の意思でもありますので、
友好的関係を維持したいならば、事前連絡するほうがいいかと思います。
稀に「フリーですが事前に連絡してください。」と記述してあることもありますが、
フリーであるのに連絡してください、というのは矛盾していますね。
まあ、この場合も、どうしてもリンクしたくて、友好的関係を維持したいならば、
事前連絡するほうがいいかと思います。

リンクフリーではありません、と記述してある場合。
個人のHPであれば、勝手にリンクを張ることはトラブルの原因となる場合があります。
リンクを張りたい場合は、事前に連絡するのが筋だと思います。

リンクに関して、なんの記述もない場合。
個人のHPであれば、やはり事前に連絡するのがマナーであると考えられます。
ただ会社・法人サイトや公式サイト等の大きなHPであれば、
特に許可取ることなくリンクを張ってもいいというのが、一般見解でしょう。

これらは、私個人の意見というよりは、
インターネット上世間一般での常識であると考えていただいて結構だと思います。

さて、このことを踏まえて、
最初のギタードラムの公式サイトでの表記を考えてみましょう。

このケースの場合、「ファンサイトにリンクを張りたいのですが」、という質問になっています。
それに対する回答として、「お断り申し上げております」、とはっきり記述されているので、
これは、リンクフリーではない以上に、ファンサイトからのリンクを一切断る方針である。
と考えられます。

よって、ファンサイト、もしくは個人のHPを持っている方で、
ギタドラ公式サイトへのリンクを張っている方は、
リンクをはずすのが、この場合の筋になります。
直ちに、リンクを外すことをお勧めいたします。

当ページからも、公式へのリンクは一切外させていただきます。

しかしながら、この回答には、甚だ疑問を感じざるを得ません。

まず、そもそも、これは公式サイトです。
会社の方針としては、その商品を一般に広く認識してもらうことであるはずです。
オフィシャルサイトという名目上は、それを公に開放することを前提としているはずです。
不特定多数の勝手な許可のないリンクを断っているわけではなく、
わざわざリンクを張ることを事前に連絡してきれくれている、
それもこの場合はそのゲームのファンからの申し出であるわけです。
それを断る、という方針は、意味が分かりません。

また
リンクを断るのが、公式サイトとしての方針であれば、
このような数あるバージョンの中でも、
たった一つのページの
質疑応答コーナーの一部に掲載するだけ、
というのは、異常であると思います。
それが公式の見解であるのならば、
トップのページや、各バージョンにも掲載するなど、
もっと分かりやすいページに記述するのが常識であると思います。

もはやインターネット上で何をやりたいのか、
わけのわからないオフィシャルサイトであると
当サイトでは認識しております。

コナミさん、御社のweb担当者は、
いったい公式ページをどういう考えで公開されているのでしょうか?

ここで、他のゲームの公式サイトをご紹介します。

これは、私が最近始めたオンラインゲームの公式サイトなんですが、
http://www1.lineageonline.jp/top/index.shtml
ここでは、ファンサイトを大きく歓迎し、
またファンサイトの作成を支援するツールまで公開されています。

ファンサイトを作成したら、専用フォームから申請することで
公式サイトのリンク集に掲載してもらうこともできます。
また、毎シーズン優良なファンサイトを公式ファンサイトとして認定し、
認定されたサイトの管理者には、そのシーズン中の無料プレイ権が贈呈されます。

このオンラインゲーム、元々韓国で大変な人気を誇っているもので
この世界観を継承した3Dver、LineageUがオープンベータとして公開されているのは、
最近のMMORPGで話題となっています。

このゲーム、今の状況的に基本的にズルい考えのプレイヤーが有利だったり
GMのサポートや、明らかな規約違反者に対する処置が甘かったり、
ゲーム内ではいくつか不満もあるのですが、
こういったファンサイトを歓迎するという方針は、
ファンを大事にするという姿勢が見られて、
たいへん評価されるべきものであると、私は思います。
広く利用者(お客さん)を集めたり、維持したりする
大きな営業効果もあるのではないでしょうか。